1. ホーム
  2. 注文住宅を建てる[こべっこハウス]
  3. 省エネ・環境への寄与

省エネ・環境への寄与

選ばれる3つの理由

「環境への寄与」とは?

地球温暖化を防ぐため、今、私達は、二酸化炭素(CO2)の発生量を抑えていかなければなりません。住宅を1棟建設するということは、膨大なエネルギーを消費し、CO2を多大に発生させることになります。

又その後の暮らしの中でのエネルギーの消費量も、住宅の建て方によって大きく違ってきます。私達が住宅を建てる際にできる、『環境への寄与』とは
一体どんなことがあるのでしょうか?

木造住宅は地球に優しい

木材は他の材料と比べて少ないエネルギーで生産・加工ができる、二酸化炭素放出の少ない環境に優しい材料です。木造住宅は建設時の二酸化炭素放出量が、他の構造の住宅に比べ圧倒的に少なくなります。

木の住まいは「第二の森」

木は光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収し、炭素(C)を固定させ、酸素(O2)を放出しながら成長します。しかし、成熟した木は二酸化炭素の吸収量が減少するため、計画的に伐採し、若木を植林していかなければ効率的なCO2の吸収が行われません。

森林ををただ放置するのではなく、環境の中で人がその役割と責任を果し、森林を更新することが二酸化炭素の減少につながるのです。

伐採した木は、木材として利用しなければ、二酸化炭素を発生させてしまいます。木造住宅を建てるということは、そこに炭素が固定され続ける「第二の森」が街中につくられていくことになります。

伐採されたせっかくの資源を利用しないまま、生産・加工時に膨大なエネルギーを消費する鉄やコンクリートで住宅を建ててしまうと、環境に対して、余計で多大な負荷をかけてしまいます。

又、木材は他の消費してしまう資源と違い、循環型の資源です。計画的に利用することで、森林を再生させればさせるほど、大気中の二酸化炭素を減少させながら、更に良質な材料を産み出し続けてくれるのです。

国産木材を利用して、日本の森を生き返らせる

こべっこハウスの構造材は国産材、主に兵庫県産無垢材です。
地域から生産される木材は、地域の気候風土に対して最も適した家づくりの材料です。

30数坪の木造住宅を1棟建設するとき、200本程度の木が使われます。計画的に森林を伐採し木材を利用すれば、豊かな自然を育て人々の暮らしを潤す森林がつくられます。森林はきれいな水と空気を作り出し、そして豊かな生態系を産み出します。更には自然災害を防ぎ、私達の暮らしを守ってくれます。

安価であるからといって、違法伐採の恐れがある、遠路を運搬して多大にCO2を発生させる外国産の木材を使うのではなく、意識的に地域の木材を使っていくことが結局、私達を取り巻く自然環境を良くしていくことにつながります。

長持ちする住宅は、資源を浪費しない

高耐久住宅

建替えまでのサイクルを長くするということは、解体時及び建設時のエネルギー消費を長期間において抑制し、二酸化炭素の放出を抑えていくことになります。

現在、日本の住宅の平均耐用年数は20数年といわれています。膨大なエネルギーを消費して建設される住宅の耐用年数を長期化させることは、大きな省エネルギー化がはかられることになります。

こべっこハウスのWB工法、また長期優良住宅は建物の耐久性を高めながら、将来環境に対し柔軟に適応できる工法です。住まう方の状況が変わっても、一から建て直す必要が無く、柔軟に対応しながら、長持ちする住宅をご提供いたします。

省エネルギー住宅で、CO2の排出量を抑える

少エネ住宅

生活に必要なエネルギーを、できる限り小さく、効率良く利用できる住宅づくりが重要です。こべっこハウスのWB工法は、自然の力を上手に取り入れ、機械力によるエネルギー消費を極力抑えながら、快適空間を実現します。

今、私達が環境に配慮した住宅づくりをしなければ、子供たちが困ることになるのは明らかです。
いたずらに環境に対峙するのではなく、自分達自身が環境であることを自覚できる家づくりが、今こそ必要なのではないでしょうか?

それが結果的に、環境に寄与することとなり、又同時に、人に・家族に優しい家づくりになっていくのだと、
私たちは考えます。
こべっこハウスは神戸の子供たちに、誇りをもって贈ることができる、家族に・環境に優しい家づくりをしています。

  • 無料プランニング お見積りはこちら
  • 見学会・イベント情報
  • 神戸探建たい
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
無料プランニング バナー見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら