1. ホーム
  2. 注文住宅を建てる[こべっこハウス]
  3. 高耐久性について

高耐久性について

選ばれる3つの理由

進化した在来工法「WB工法」

神戸の子供たちに自信をもって贈ることができる家づくりのために、
こべっこハウスは「通気断熱WB工法」を標準採用しています。

壁体内に設けた独自の通気層により、家自体が呼吸をしているような自然な通気を実現。
通気をコントロールすることで、快適で、健康な住環境を生み出します。

WB工法の高耐久性について

夏季、高温多湿となる日本の気候風土においては、暑さ・湿気対策をして構造体の蒸れ・腐れを防ぐ必要があります。
そのために、元来の日本の建築は『木造軸組工法』で構造体を形成して風通しを良くし、さらにその間を『土壁』といった湿気を通す素材で仕上げていました。

欧米型『壁(パネル)式工法』は、冬大変寒く乾燥した地域で発達した工法のため、冬の寒さ対策には優れていますが、暑さ・湿気への対策は全く不十分でした。

壁(パネル)式工法による
【蒸れ・腐れの事例】

近年、日本の住宅の寿命は20数年といわれています。
昔は、寺社建築をはじめ、百年以上利用できた住宅も数多くありました。
欧米型の住宅が輸入され、爆発的に普及していったこの40年ぐらいの間に、それ以前と比べると住宅の寿命が極端に短くなってしまったのです。

その原因は、日本の気候風土に、違う気候風土で発達した欧米型の工法をそのまま採用したことにありました。
それが構造体の蒸れ・腐れを発生させ、建物の寿命を極端に短くしてしまったのです。

こべっこハウスの『通気断熱WB工法』は、暑さ・湿気対策に優れた日本元来の夏型住宅をベースに、最新の科学技術で冬の寒さ対策を完備した、
理想的な工法です。日本の気候風土に適応する高耐久住宅を実現させ、楽しい家族の思い出をいつまでも刻み続け、それを次世代に引き継いでいける
家づくりを可能にします。

土壁の原理を応用

湿気を透過させることが、構造体の蒸れ、腐れを防ぎます。

通気断熱WB工法の仕組み01通気断熱WB工法の仕組み02

通気断熱WB工法の仕組み01

  • 無料プランニング お見積りはこちら
  • 見学会・イベント情報
  • 神戸探建たい
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
無料プランニング バナー見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら