1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

リフォームについてのあれこれ話をご紹介しています。

バリアフリー特定改修工事特別控除制度(所得税)について

掲載日時:2015/2/1

昨今のリフォーム需要の増加に伴い、「省エネ」や「バリアフリー」という言葉をよく聞くように

なりました。今回はそのような背景をふまえて、バリアフリー改修を行った場合に適用できる税制

をご紹介させて頂きます。

『バリアフリー特定改修工事特別控除制度(所得税)』ってどんなもの?

 

バリアフリー特定改修工事特別控除制度(所得税)とは、高齢者や要介護・要支援認定者、障害者本人または、それらの人と同居する人が、自ら所有し暮らす住居について50万円を超える一定のバリアフリー改修を行った場合、200万円を限度として、工事費の10%を所得税額から控除することができます。控除期間は居住を開始した年分のみですが、新たに要介護認定・要支援状態区分が3段階以上上昇し適用対象工事をおこなった場合は再度適用されます。

☆知っててお得! ♪こんな場合が対象となります

 

利用対象者は以下の通りです。         対象となる工事は以下の通りです。

?27.2.127.2.2

   ※この税制の期限は、平成29年12月31日迄と、なっております。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら