1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

中古住宅・リノベーションについてのあれこれ話をご紹介しています。

リノベーションにかかる費用 ②

掲載日時:2017/6/1

 

リフォームローンは、「有担保型」と「無担保型」に分かれます。

 

【有担保型】

~メリット~

① 金利が低い 

② 借入可能金額が多い(500万円~1億円まで)

③ 借入期間が長い(1年~35年)

~デメリット~ 

① 審査が厳しく、時間がかかる

② 金利以外の費用がかかる

③ 担保物件によっては希望額を借りられない場合あり

 

【無担保型】

~メリット~

① 金利以外にかかる費用が少ない

② 審査が早い

~デメリット~ 

① 金利が高め

② 借入可能金額が少ない(30万円~500万円程度)

③ 返済期間が短め(1年~15年)

 

借入額が500万円未満なら無担保型リフォームローン、それ以上なら、

有担保型リフォームローンを選ぶのがいいかもしれません。

 

リフォームローンの審査項目は、住宅ローンとほぼ同じで、若干住宅ローン

よりも緩いと考えて間違いはありません。

住宅ローンの審査に通った方なら、リフォームローン審査は通りやすいと言えるでしょう。

 

※ リフォームローンにおいても、住宅ローン減税と同じように減税を受けることができます。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら