1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

中古住宅・リノベーションについてのあれこれ話をご紹介しています。

基礎について

掲載日時:2017/11/12

 

基礎は自重、積載加重、風圧力、地震力など建物にかかる力を

地盤面に伝える大事な部分です。

よって、基礎に異常が生じると、建付けが悪くなったり、建物が傾いたりするなど

住まいの居住性のみならず安全性が懸念されてきます。以下にご注意ください。

 

■基礎の立上り

基礎の立上り表面は、厚さ10mm足らずの薄いモルタル仕上げが施されています。

表面に亀裂が見つかった場合であっても、モルタル仕上げのみの亀裂かもしれず、

直ちにコンクリート基礎本体におよぶものかは判断出来ません。

気になる亀裂が見つかった場合は、弊社迄お気軽にご相談下さい。

■床下

床下の換気は木部の腐朽防止上重要です。

浴室、洗面所など水廻りの床下は特に湿りがちなため、換気が必要です。

床下の土台や床組は地盤面に近いため、木造住宅で最も腐朽、虫害の

被害をうけやすい部位です。

木部の耐久性を維持するためには、床下の換気を良好に保ち、木部を乾燥状態に

置くことが大切です。

換気口廻りに物を置いてふさいだりしないよう注意してください。

又、床下換気の改善には床下換気設備を比較的に簡単な工事で取りつけることが

出来ますので、検討されても良いかもしれません。

 

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220来店予約・お問い合わせはこちらこのページの先頭へ