1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

中古住宅・リノベーションについてのあれこれ話をご紹介しています。

天井板

掲載日時:2015/10/1

さて今回も「床の間」にまつわるお話しです。

天井板(てんじょういた)

?床の間には網代やヨシなど数寄屋風イメージなど凝った天井板が使われることもあります。

また高さは一般的に8尺(2400mm)が標準ですが、座敷が二間続き和室(座敷)の場合な

ど間仕切りに欄間・長押を設ける場合や、蟻壁や長押が付く場合等は高さを8尺3寸程度

(2500mm)にした方が納まりが美しくなります。

またその場合の天井板の張り方のポイントとしては、

○竿は床の間方向に向けないで床の間に向かって左右に配置する。(床の間に竿縁が刺さっ

たように見える事を「床刺し」と言い、忌嫌われています。)

○竿の上で板を繋ぐ場合は木目が連続して見えるように心がけ、板の張り始めは部屋に出入

りする方向から張り始め、コバや松葉が美しく見えるようにする、等の決まり事があります。

土地 注文住宅 神戸 天井板土地 注文住宅 神戸 天井板

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら