1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

中古住宅・リノベーションについてのあれこれ話をご紹介しています。

解体工事の注意点

掲載日時:2017/5/27

住宅を建て替える場合や、空き家を更地にする際の解体工事の注意点です。

その際に、注意すべきことをお伝え致します。

 

1.解体工事に関係する法律は?

建設リサイクル法という法律があります。(※正式名称を「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」と言います。)

この法律では解体工事着工前の届出義務を定めています。延床面積が80㎡以上の場合、着工の1週間前には場所や

内容等を記載した書類を管轄の役所へ届け出なくてはなりません。

多くの場合は工事業者が届出を代行してくれますが、法律上はお施主様に届出義務があるので注意が必要です。

 

2.ライフラインは停止申請が必要です

お施主様ご自身で電気・ガス・インターネット等のライフラインの停止の手続きをする必要があります。

電話やインターネットで手続きが出来るものがほとんどですが、場合によっては立会いが必要になることや、

申請が遅くなりすぎると対応できない場合もありますので、遅くとも一週間前までには手続きするようにしましょう。

※水道は工事に必要になることも多いので、停止については事前に工事業者に相談するようにしましょう。

 

3.工事前の近隣挨拶

解体工事を行う際には、多くの騒音や粉塵が発生し、近隣住民の方に迷惑をかけてしまいます。

工事業者が事前に近隣挨拶を行いますが、工事中のクレームの防止や今後のご近所付き合いにも影響しますので、

できればご自身も同行するようにしましょう。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら