1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

中古住宅・リノベーションについてのあれこれ話をご紹介しています。

風はどのように通るか

掲載日時:2017/9/5

家の中にいても、風を感じられると気持ちがいいものですよね。

ぜひとも自然の風は、採光とともに取り入れたいものです。

風を上手く室内に取り入れるためには、窓の配置が重要となってきます。

窓の配置を考える際は、以下のことを考慮しましょう。

 

一部屋に2箇所以上窓を取り付ける

気持ちの良い風は、通り道がないと入ってきません。できれば、一直線で結べる

対面した位置に窓配置するように心がけましょう。

間取り図があれば、窓と窓を線で結び、その線が複雑にならにようにすることを心がけると、

風を呼び込みやすくなります。

 

高い位置と低い位置に窓を取り付ける

低い位置の窓は冷たい空気を取り入れることに有効で、高い位置の窓は温まった

空気を逃すことに有効です。

熱気を逃すためには、吹き抜けを活かすことも有効な手段です。

 

窓の種類を考慮する

一日中解放できる窓を設置することで、気持ちの良い風を家のの中に

流し続けることができます。

通風のための窓であれば、上げ下げ窓や縦すべり窓など、小さくて価格の安い窓を計画すると経済的でもありますよ。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら