1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

賃貸住宅についてのあれこれ話をご紹介しています。

カギ、なくしちゃった・・・

掲載日時:2014/5/16

賃貸物件に入居後、鍵をなくしてしまったら、どうしたらいい?

もしも鍵を外出先でなくしてしまって入れなくなってしまったという場合には、管理会社と連絡が取れない夜間や早朝などは、
まずは鍵屋さんに開錠をお願いすれば良いでしょう。
ただし、その場で鍵の交換はしないで下さい。

また、鍵が無くて入れないことに気がついたのが昼間で不動産会社の営業時間内だった場合には、
まずは不動産会社へ連絡すると良いでしょう。
もしくは貸主が同じ建物に住んでいるという場合には、貸主に相談してみましょう。

なぜ鍵屋ではなくて不動産会社や貸主に相談するのかというと、不動産会社や貸主は物件の鍵を管理しているからなんです。

そしてその後の対応ですが、鍵をなくしてしまった後は鍵交換をすることになります。
しかしこれも不動産会社など管理会社のもとで行い、やはり交換後の鍵も管理会社で保管ができるような形になります。
もしも部屋へ帰ればスペアの鍵がまだあるから鍵交換はしなくても良い、というふうに考えていた場合であっても、
おそらくほとんどの不動産会社では鍵交換を行うようになるのではないでしょうか。
というのも、一度落としてしまった鍵は誰の手に渡るか分かりません。
それがきっかけで大きな犯罪につながってしまうということも可能性としてはゼロではないのです。

不動産会社や貸主は鍵の保管をしていると上記で説明しましたがそれはなぜなのかというと、
有事の際など何かあった時のためです。

そうした時にすぐに開けられないとなると、例えば火事であれば被害が広がってしまうかもしれませんし、
最近増えているような孤独死といったことについても発見が遅れてしまうことが考えられます。

ですから、鍵をなくしてしまったから新しいものに交換したいというような場合でも、
きちんと不動産会社を通さなければいけませんし、ホームセンターなどで購入して自分で取付のできる簡易なものであっても
勝手に鍵を設置してはいけません。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら