1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

賃貸住宅についてのあれこれ話をご紹介しています。

南向きのお部屋

掲載日時:2013/6/1

南向きの部屋は人気があります。
部屋探しの条件の一つとして「南向き」を挙げる人は多くいらっしゃいます。

なぜ人気なのでしょうか?

「南向きの部屋は日当たりがいい」??そう思っていませんか?
太陽は東から昇って南の空を通り、西に沈みます。東、南、西の窓から日光が差しますので、
時間帯を選ばなければ南向きでなくても日は当たります。

冬は日照時間が短くなりますが、夏は朝4時半から夜7時まで日光にさらされています。
「南向き=日当たりがいい」と考えられがちですが、北向きの窓以外は、東、南、西いずれも日が当っている時間に
大きな差はありません。
もちろん、東向きは午前中、南向きは日中、西向きは午後、と日が当たる時間帯に違いはありますので、
どの時間帯にどんな過ごし方をするのかによっては必ずしも南向きでなくても、満足度は高くなるでしょう。

日中、特に10時から2時の間、家にいることが多いのなら、南向きの部屋はおススメ。
小さなお子さんがいる場合には、冬にポカポカ陽気の中でお昼寝できたら最高です。
でも、日中家にいることがあまりないのであれば、東向きや西向きの日照でも十分です。
それよりも風通しのいい部屋かどうかが重要。
風通しの悪い部屋は、湿気がこもりやすくカビを発生させてしまいます。

朝日を浴びると、体内時計が働いて気持ちよく目覚められる!
東向きの部屋は、午前中の陽ざしが確保でき、夜には涼しさが戻ってくるため、朝型生活のスタイルなら朝日を浴びて
快適に暮らすことができます。
逆に、西向きの部屋なら午前中は日が当たりませんが、午後は南向きからの日照以上に陽ざしが強く、
冬は夜まで温かさが残るため、暖房費を節約できるでしょう。
夜型生活の人なら朝ゆっくり寝ていることができるので、西向きの部屋はおススメです。
ただし、夏場は熱がこもりがちなので要注意。

朝型なのか夜型なのか、日中家にいるのかどうかなど、ライフスタイルによって南向き以外の部屋を選んでも
満足度の高い生活を送ることが可能なのです。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら