1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

賃貸住宅についてのあれこれ話をご紹介しています。

天井から水が漏れてきた!!

掲載日時:2016/5/1

1 まずは大家さんか管理会社に連絡してください

「水が漏れているなら早く止めてもらいたい。連絡する時間も惜しい」という気持ちは分かりますが、実際に上階の住人による
水漏れかは分かりません。
もしかしたら、天井を通っている配水管の可能性もあるのです。

さらにいえば、上階で水が漏れたとしても、すぐに下の階にまで滲み出してくる事も考えにくいでしょう。
上階から漏れた水は、時間をかけて天井裏に溜まり、支えきれなくなって初めて水漏れとして認識できます。
つまり、上階で漏れている水を止めたからと言って、階下の水漏れがすぐに止むことはないのです。

2 大家さんや管理会社が来るまでにやっておくこと!

現場の被害状況を写真に収めてください。後々、被害を請求する大事な証拠になる可能性があります。

3 原因の究明

原因箇所によって、損害を請求する相手が変わってきます。

A:明らかに入居者(上階の人など)の過失の場合 《入居者》
B:見えない『専有部分』が原因の場合 《入居者もしくは大家》
C:『共有部分』が原因だった場合 《大家》

4 賠償金は保険から支払われます

多くは、入居者又は大家さんが加入している『保険』から支払われます。
原因が入居者にある場合は、『個人賠償責任保険』。大家さんにあった場合は『火災保険』により支払うことになります。
あなたが水漏れを起こし、階下の住人に損害を与えた場合でも、『個人賠償責任保険』が適応されます。

5 支払われる保険金は時価額になります

個人賠償責任保険によって支払われる保険金は、時価額によって決定されます。
時価額とは『壊れた物品のその時点での価値』の事です。
例えば、値下がりの激しいテレビなどは、時間が経つほどに時価額は大きく下がっていきます。
その為、同じ大きさの新機種を買おうと思っても、それだけの保証は受けられないという事です。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら