1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

賃貸住宅についてのあれこれ話をご紹介しています。

賃貸住宅に火災保険は必要?

掲載日時:2013/11/1

賃貸マンションの場合は保険の目的を3つにわけて考える必要があります。

1 貸主さんへの賠償
2 階下に住んでいる人への水漏れなどの賠償
3 自分の家具を買い直す費用

1 賃貸マンションを借りた場合「元通りにして返す」義務を負うことになります。
もし自身の過失で火事を起こしたら、これができなくなりますので、賠償責任を負うことになります。
これに保険で担保するのが「借家人賠償責任保険」です。
しかし、これは単品の保険ではないので、現実には家財の火災保険の特約でつけることになります。

2 階下の人への水漏れなどの補償
洗濯機の排水のミスや、風呂のオーバーフローなどで水漏れを起こし、階下の人の家具などを壊した場合、これも賠償しなければなりません。

3 自分の家具への補償
万が一自宅が全焼して家具も服も全部燃えてしまった場合、また買い直す必要があります。
また隣家からの延焼や上の階が火事で消火用水がもれてきた場合などでも、わざとや重過失でなければ賠償してもらえません。
自費で買い直すとなったら、かなりの出費になることもあり得ますので、やはり加入は必要ですよね。

ちなみに地震保険に入らなと、倒壊のみならず、地震による火災も補償されません。
大地震がおきることが想定されている地域かどうかによって、必要かどうかはわかれると思います。

言われたまま加入するのではなく、必要なものをしっかりと判断していただきたいものです。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら