1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

賃貸住宅についてのあれこれ話をご紹介しています。

部屋を解約するとき

掲載日時:2015/9/1

引っ越しをすることを決めたら、
まず今住んでいるマンションやアパートの家主さんや管理会社に対して賃貸借契約の解約を申し出なくてはなりません。

1 解約予告の告知期間を確認しておくこと

賃貸借契約書には「解約の1か月前には解約の旨を申し出てください」などと必ず書かれています。
一般的には1か月前というのが相場ではありますが、2ヶ月前3ヶ月前という契約書もありますので、必ず契約書を確認して下さい。

2 告知期間を守らないと文句は言えない

だいたいの契約書は1カ月前に解約告知をしたらいいことになっているので、多くの人が1か月前と思い込んでいますが、
3ヶ月前であるかもしれません。
必ず契約書を見て確認をしましょう。
3ヶ月前と書いてあれば3ヶ月分のペナルティを請求されても文句は言えません。

3 最悪、ダブル家賃も覚悟する

新しい物件は「ここに住みたい」と決めた時点で家賃が発生します。
3ヶ月後に引っ越しをするので待ってくださいとは言えません。
住みたければ空家賃を払ってでも新しい物件を押さえておく必要があります。
最悪、今の家賃と新しい物件の家賃のダブル家賃が必要になります。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら