1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話
「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話

不動産売買についてのあれこれ話をご紹介しています。

防火地域での注意点

掲載日時:2017/4/7

皆様は、現在お住まいのエリアや新居の予定地などの地域地区を

ご存知でしょうか?地域地区とは、都市計画法という法律によって

該当地域内の建築等を規制するために設けられるものです。

 

1.防火地域とは?

火災の拡大を防ぐため、耐火性能が高い建物を建てるように定めた地域であり、

建築物の構造や仕様に制限がある地域です。

また、防火地域には、『防火地域』と『準防火地域』の2種類があります。

※準防火地域は、防火地域よりも規制が弱くなっている地域です。

 

2.防火地域内で建築する際の注意点

防火地域内の建物は原則として耐火建築物、一般的には鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造などの建築物にしなければなりません。(仕様によっては、木造も可能。)

※ただし、延べ面積が100㎡以下の2階以下の建物は、準耐火建築物とすることができます。

その他、一部例外もありますので、ご計画時に市役所や建築士等に詳細を相談するようにしましょう。

※準防火地域は、防火地域とは異なった規制内容になっています。

 

3.防火地域内の建築費

防火地域・準防火地域内の建築物は、燃えにくい外壁材や防火シャッター、

網入りガラス等を使用する必要があり、建築費のコストアップにつながるので、

注意が必要です。

見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら