1. ホーム
  2. 新築・中古住宅を買う
  3. 神戸リノベーション倶楽部
  4. リノベーション
リノベーションの無料お見積り

神戸で中古住宅+リノベーションのお見積りするなら|神戸リノベーション倶楽部

  • リフォームとは?

    リフォームとは?

    リフォームとは、簡単に言うと、中古の家を修繕して新築並みにきれいにすることです。経年で劣化した外壁や内装を塗り替えたり、老朽化した設備機器を新しくしたり、壊れた壁などを修繕したりすることを指します。つまり、「壊れている」「汚れている」といったマイナスの状態から機能や美観を回復させることがリフォーム。マンションやアパートなどで、入居率を上げるために設備機器や内装を新しくすることもリフォームに含まれます。
    なお、英語で「reform」は「改善」や「改革」を意味し、本来は住宅の修繕に使われる言葉ではありません。英語では、日本で言うリフォームのことは「renovation(リノベーション)」を使います。また、床や壁の張り替えには「remodel(リモデル)」も使われます。

  • リノベーションとは?

    リノベーションとは?

    リノベーションとは、単なる修繕や交換ではなく、工事によって中古物件にプラスアルファの価値を加えることをいいます。つまり、マイナスの状態からプラスに引き上げるのがリノベーション。「新築のようにきれいにする」「壊れた部分を元どおりにする」だけではなく、住まう人のライフスタイルや好みに合わせて、こだわりのデザインで付加価値を加えたり、住宅性能を向上させて資産価値を高めるものです。家の構造まで変えるような大規模な工事になることが多いです。
    最近人気の「古民家リノベーション」では、断熱性能を高めたり壁を壊して広々としたリビングを作ったりと、梁や建具などの昔ながらの味わい深い素材を生かしながら、住まい手の理想の暮らしを叶えています。
    また、中古住宅を購入した際に行う工事を総じてリノベーションと呼ぶ場合もあります。

リノベーションとリフォームの違い

  • 工事の規模
    工事の規模

    古いシステムキッチンや浴室を入れ替えたり、汚れた壁紙を張り替えたり、劣化した外壁を塗り替えたりと、部分的に修繕・交換することがリフォームです。工事箇所が部分的で、それほど大規模ではないものはリフォームに分類されます。これに対して、間取りを変更したり、天井を壊して吹き抜けを作ったり、壁を補強する耐震工事を行なったりして、家を構造から変えてしまうような大規模な工事はリノベーションに分類されます。

  • 住まいの性能
    住まいの性能

    新築の時と同等レベルに性能を回復させるのがリフォーム。つまり、0に戻す、または0に近い程度まで性能を引き上げることを言います。一方リノベーションは、住まい手にとって、新築時よりも住宅性能がプラスになることを指します。たとえば、機密性や断熱性や耐震性を高めるなど、家の構造から改良することで、住まい手の健康を守り快適さを向上させるものです。

リノベーションの
種類について

リノベーションのメリットとデメリット

古い建物を大きく改装して、おしゃれで個性的な住まいに一新するリノベーションが今、人気を集めています。しかし、見た目だけでは判断できないのが住宅。リノベーションは、長く住み続ける上では様々なデメリットがあることも事実です。工事をした後に「失敗した!」とならないように、リノベーションを検討する際には、メリットだけでなくデメリットも抑えておきましょう。

リノベーションのメリットとデメリット
メリット
  • 建替えするよりも低コスト
  • 購入する際、選べる物件の幅が広くなる
  • ライフスタイルに合わせた設計ができる

建替えと比較するとコストが抑えられるという点が魅力のリノベーション。大規模工事を行なっても、新築よりも安い費用で済みます。また、購入する際に物件価格が安いということは、それだけ選べる物件の幅も広がるということ。間取りや構造まで大きく変えるため、物件自体の間取りや構造にもとらわれすぎず、たくさんの選択肢の中から物件を選ぶことができます。そして何と言っても、自分のライフスタイルや好みに合わせた自由なデザインで、こだわりのある個性的な住まいを手に入れられることがやはり大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット
  • 新築に比べて耐久性や耐震性が低い
  • 簡単なリフォームと比べると引き渡しまでの期間が長い
  • ローンの金利が高い

中古物件で最も問題となるのが、耐久性や耐震性。古くなればなるほど建築部材も老朽化する上、古い建物は現在の建築基準法を満たしていません。例えば、昭和56年以前に建築された中古物件は低い耐震基準で建てられているため、大きな地震によって倒壊する危険性が高いとされています。耐震性を上げるには耐震工事が必要となり、リノベーション費用が膨らんでしまいます。また、新築と比べれば短い工期で済みますが、簡単なリフォームと比べると工事が大掛かりなため、工期が長引きますし、打ち合わせや設計に時間がかかるという点もデメリットの一つ。そして、リノベーションの費用にリフォームローンを利用する場合にも注意が必要です。住宅ローンよりも金利が高いことが多く、先々まで見据えた資金計画を立てることが大切になります。

アイビスGROUPのリノベーションの利点

アイビスGROUPは、一級建築士事務所であると同時に、神戸で約40年の不動産仲介実績を持っています。不動産や建築のプロであるスタッフが物件購入をサポートいたしますので、しっかりと資金計画をたて、安心して理想の住まいを手に入れることができます。さらに、中古住宅ご紹介システム「神戸リノベーション倶楽部」にご登録いただくと、中古物件探しのお手伝いから物件のリノベーションプランのご提案までをワンストップでサービス。最新の中古物件情報を豊富にご紹介するだけでなく、気になる物件の建物診断やリノベーションプラン作成を無料で行います。さらに、神戸リノベーション倶楽部で見つけた物件をリノベーションした場合は、仲介手数料最大30%相当の工事費をサービスいたします。

アイビスのリノベーションの利点

中古物件購入
リノベーション

リノベーションについてよくある質問

  • Qリノベーションにはどれくらいの期間が必要ですか?
    A工事の規模によって変わりますが、全面リノベーションの場合、中古戸建て住宅で3ヶ月前後、中古マンションなら2ヶ月前後の工事になります。
  • Q中古マンションは、どの範囲までリノベーションできますか?
    A室内はお客様の専有部分となるため、住宅内の設備機器や配管、天井や壁の内装はリノベーションが可能です。しかし、玄関ドアやサッシは共有部分となりますので、交換することはできません。このほか、マンションの管理規約によってリノベーションできる範囲は異なりますので、物件購入前にご相談ください。
  • Q神戸リノベーション倶楽部は、登録費用がかかりますか?
    Aいいえ、登録は無料です。ご登録いただくだけで、アイビスが保有する豊富な中古物件情報をインターネットで閲覧できるようになります。また、お客様のご希望の条件に合った物件情報を毎週ご提供いたします。
神戸リノベーション倶楽部
リノベーションに関するあれこれ話
  • 無料プランニング お見積りはこちら
  • 見学会・イベント情報
  • 神戸リノベーション倶楽部
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
無料プランニング バナー 見学会イベント情報 バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220来店予約・お問い合わせはこちらこのページの先頭へ