1. ホーム
  2. 家をリフォームする
  3. 断熱リフォームの効果とは

断熱リフォームの効果とは | 神戸の断熱リフォームは 一級建築士事務所(株)トキタホーム

断熱リフォームで冬も夏も快適な室温に

断熱リフォームを行うことで、暖房時の熱の流出・冷房時の熱の侵入を防いで、エアコン効率をアップ。
寒い冬も暑い夏も、快適にすごせる室温をキープしながら、
冷房・暖房の使用を抑えて電気の使用量を削減します。

冬の効果

エアコンだけでお部屋全体を暖かく。ストーブなしでもホカホカの冬。

耐震リフォームをすればお部屋の快適温度がキープできます。エアコンをかけた時の壁面温度も、リフォーム前に比べて格段にアップ。
お部屋のすみずみまでしっかり暖まります。天井と床の上下温度差も少なくなり、足元まで快適に。もう、ストーブや石油ヒーターに頼ることも
ほとんどなくなるかもしれません。

※掲載データは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様・生活スタイル・立地条件・測定条件等によっては異なったデータと
なる場合があります。

夏の効果

設定温度を上げても、しっかり快適。夏のエアコン効率がグッとアップ。

耐熱リフォームをすればお部屋の断熱性が高まるので、外から熱気が入りにくくなり、エアコンの効きがグッと良くなります。
リフォーム前に比べると、同じエアコン設定で室温は格段に下がるため、設定温度を2~3℃上げてもお部屋は快適。断熱効果によって、
冷房を止めた後も涼しさが長持ちします。

※掲載データは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様・生活スタイル・立地条件・測定条件等によっては異なったデータと
なる場合があります。

省エネ・エコ効果

少ないエネルギーで快適だから、地球に優しい。
電気の消費量が減るから、家計にも優しい。

お部屋の断熱性を高めることで、暖房時の熱の流出や冷房時の熱の侵入を防いで、エアコン効率をアップ。寒い冬も暑い夏も快適な室温を
キープしながら、冷暖房の使用を抑えて電気の使用量をぐんと削減します。
断熱リフォームで、冷暖房費もCO2も減らして、家計にも地球にも優しい暮らしをはじめませんか。

断熱リフォームで節約!

断熱リフォーム効果で、年間の冷暖房費を大幅ダウン。

年間冷暖房費の節約

断熱リフォームした部屋だけで年間冷暖房費を14,010円節約出来た場合、10年間で約14万円もおトクになります。

断熱リフォームでエコ!

断熱リフォーム効果で、年間の冷暖房費を大幅ダウン。

断熱リフォームで、CO²を大幅に削減。

断熱リフォームした部屋は、冷暖房が効きやすくなり、エネルギー消費も少なくて済みます。
年間のCO²削減量は、スギの木19本分相当になる場合もあります。
断熱リフォームでご自宅が地球に優しい空間に生まれ変わります。


住まいの断熱化で、エコロジーに貢献。

人類共通で取り組むべき環境問題のひとつが、地球温暖化現象。 その原因は、エネルギーをつくりだす際に発生するCO²にあります。 これを抑えるためには、少ないエネルギーを上手に使っていく工夫が必要です。

一般の住宅で排出されるCO²のおよそ1/4は冷暖房によるもの。 住まいの断熱化は、エコロジーの観点からも大きな効果が期待できます。

<算出条件>
熱負荷計算プログラム「SMASH」((財)建築環境・省エネルギー機構)を用いて、リビングにおける年間冷暖房負荷削減効果を算出
○住宅モデル:「自立循環型住宅への設計ガイドライン」一般住宅モデル2階建て、延床面積:120.07㎡、開口率:26.8%(地域以南)、
リビング13畳
○想定生活者:4人家族 ○想定冷暖房機器:エアコン、COP:3.0 ○冷暖房設定温度:暖房20℃、冷房26℃・60%
○冷暖房運転方法:自立循環型住宅開発委員会の冷暖房運転スケジュールに基づいた間欠運転 ○地域:東京
○気象データ:「2000年度版 標準年拡張アメダス気象データ」 ○改修前住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準Ⅳ地域適合レベル
○『ココエコ』改修仕様リビングの屋外に面する壁2面に『ウォールインプラス』、床面に『フロアインプラス』、
窓3箇所に『インプラス(一般複層ガラス)』を設置 ○日射遮蔽:居室の窓にはレースカーテン、和室の窓には和障子を併用
○電気料金:22円/kWh
○電気のCO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh(環境省「環境家計簿(えこ帳)」2010年8月5日)
○スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/年(環境省・林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」)


「エコリフォームで、快適さと省エネの両立を。」

20世紀後半、冷暖房に代表される技術が急速に普及し、それに伴うエネルギー消費の増大は地球温暖化の要因として認識されるように
なりました。今や地球温暖化への対策は急務となっており、行政レベルや企業レベルだけでなく、
各個人や家庭においても、さまざまな対策が求められています。

その一つが、住宅の「エコリフォーム」。これは、環境負荷の低減だけでなく、快適性の向上や、健康的な住まいの実現、
耐久性の向上、さらに光熱費を抑えることにつながります。戸建住宅の場合、冬の暖房時には熱の約6割が窓などの開口部から流出し、
夏の冷房時には熱の約7割が開口部から流入します。
開口部の断熱性能を向上させるとともに、壁、床などの外気に触れる箇所の断熱・気密性能を高めることで、住宅の熱の出入りを
少なくすることが重要となります。

大切なのは、快適さや健康を実現した上で省エネルギーを図ること。「持続可能な社会」を実現するためには、人が快適で幸せに
暮らせる環境でなければ意味がありません。
ぜひ、「エコリフォーム」で、快適さと省エネを同時に実現してください。

無料プランニング バナー 見学会イベント情報 バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220資料請求・来店予約・お問い合わせはこちら