1. ホーム
  2. 家をリフォームする
  3. オール電化リフォーム

オール電化リフォーム

オール電化+リフォームお見積りは無料

オール電化リフォーム 神戸市|一級建築士事務所㈱トキタホーム

調理・空調・給湯など、家庭で使うエネルギーを全て電気にする「オール電化」。切り替えには大掛かりな工事が必要だと思っている方も多いですが、「オール電化にする」ということは、簡単に言えば「ガスを電気に変える」ということです。つまり、ご家庭で使っているガスコンロやガス給湯器などを電気機器に変えるだけでオール電化になります。 オール電化の最大のメリットは、なんといっても光熱費がお得になること。最適な電気料金プランを選択すれば、年間で何万円も節約できる場合があります。また、火を使わないため、火事の心配も少なくなり、高機能・高性能な電化製品を使うことで生活が便利・快適になる、環境にもやさしい暮らしができるといった、たくさんのメリットがあります。

オール電化リフォームを検討されている方には無料でお見積りいたします

オール電化リフォームのポイント

  1. point1光熱費を考慮する
    光熱費を考慮する

    電気とガスを併用すると、どちらにも「基本料金」がかかってしまいます。ガスの基本料金はガス会社や契約プランによって異なりますが、一般家庭の標準的なガス使用量で考えると1.300円程度。つまり、オール電化にすれば、基本料金だけで年間約15,600円がお得になるのです。また、エコキュートなどの効率的な電気機器の導入や、夜間の電気代がお得になる料金プランの契約などで、さらに家計の負担を減らすことができます。
    ただし、地域によってはガス代が非常に安い場合があり、必ずしも全ての家庭でオール電化がお得になるとは限りません。ガスの使用量や生活スタイルなどを考えて、まずは事前にお住まいのエリアのガス代をチェックしてみましょう。

  2. point2配線工事が必要な場合がある
    配線工事が必要な場合がある

    IHクッキングヒーターを設置するには、200V対応のコンセントが必要です。コンセントが近くになければ、分電盤から配線を引き込み、新しいコンセントを作る工事を行います。また、分電盤にはIHクッキングヒーターの専用回路が必要です。空き回路がない場合は、回路の増設や分電盤の交換も行わなければいけません。そのほか、契約しているアンペア数で足りない場合は、電力会社にアンペアの契約変更をしてもらう必要があります。
    どんな工事が必要かは、販売店や電気工事店が現場調査で判断してくれるので安心です。ただ、分電盤の交換となると工事費用も大きくなるため、事前に見積もりをしっかり確認しておくことが大切です。

  3. point3エコキュートを設置する場合は設置場所があるか確認する
    エコキュートを設置する場合は設置場所があるか確認する

    エコキュートは、大気の熱を二酸化炭素に集めて、その熱でお湯を沸かし、貯蔵しておくことができる電気給湯器です。電気代が節約できる上、フロンではなく自然界に存在する二酸化炭素を利用するため、地球環境にやさしいといったメリットがあります。
    ただし、エコキュートは大きなものではタンクが2mを超えます。ですから、設置場所にはある程度のスペースを確保する必要があります。また、寒冷地タイプやサビに強いタイプなど、設置環境の気温や天候に適した機種を選ぶことも大切です。

オール電化リフォームの種類

  • IHクッキングヒーター
    IHクッキングヒーター

    IHクッキングヒーターは熱伝導がよく、熱効率は90%以上とされています。そのため加熱の時間を短縮でき、光熱費の無駄がなくなります。また、IHクッキングヒーターが加熱できるものは、IH対応の鍋や鉄、ステンレスなどのみなので、手や服が触れても発火する危険性がなく、安心して使うことができます。
    調理面がフラットな点も、料理をする人にはうれしいポイント。吹きこぼれもサッと拭くだけで綺麗になるので、お手入れが楽です。

  • エコキュート・電気温水器
    エコキュート・電気温水器

    エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用して外気の熱でお湯を沸かすため、電気の使用量を抑えることができます。また、昼間よりも安い夜間電力を使用してお湯を貯蔵しておくことができ、さらに電気代を節約できます。
    一方、電気温水器は電力だけでお湯を沸かすためエコキュートほど電気代を節約することはできませんが、本体価格が安いので導入にかかる初期コストは抑えることができます。

  • 温水式電気床暖房・蓄熱暖房機
    温水式電気床暖房・蓄熱暖房機

    床暖房パネルにお湯を循環させることで室内を暖めるのが温水式床暖房。エコキュートと組み合わせることで、電気代を気にせず床暖房を使うことができます。設置費用を安く抑えたい方には、電気式床暖房がおすすめ。特にPTCヒーターなら無駄なエネルギーを使わないため電気代も抑えることができます。
    このほか、深夜電力を使って熱を貯めておく蓄熱暖房機も、電気代の節約につながります。

担当者から

オール電化は、電気代の節約や安全性といったメリットが大きいことが魅力です。しかし、生活スタイルや生活エリアによって電気の使い方、使用量が変わるため、最適なプランや機種を選ばなければ逆に電気代が高くなってしまうケースもあります。
まずは電気の契約プラン、使いたい電気機器の種類、設置工事費などをしっかりと見極め、そのメリット・デメリットを考慮した上でオール電化を導入することをおすすめします。「我が家にオール電化が適しているか分からない」という場合はお気軽にご相談ください。

施工担当者 長谷川 晃
オール電化リフォーム施工担当者から

オール電化リフォームのよくある質問

  • Qエコキュートのタンク容量を選ぶ目安はありますか?
    Aお湯の使用量に適したタンク容量を選ぶことが大切です。メーカーのカタログでは、2〜4人用で300リットル、3〜5人用で370リットル、4〜7人用で460リットル、5〜8人用で560リットルと、家族の構成人数によって分けられています。このほか、寒冷地か温暖地かなど、設置する地域によって一つ上のクラスにするか、一つ下のクラスを選ぶかといった判断をすることをおすすめします。
  • Qオール電化にするための工事はどれくらいの日数がかかりますか?
    AガスコンロをIHクッキングヒーターに、お風呂のガス給湯器を電気給湯器に交換するだけなら通常1〜2日で完了します。
  • Qオール電化だと、停電した時心配です。
    A通常、日本で長時間の停電が起こることは非常にまれですし、震災時でも、ガスや水道などの中で最も復旧が早いのが電気です。また、ガス機器であっても、電源を必要とする機器は停電時には使うことができないので、条件としては変わりません。

無料プランニング・
お見積りはこちら

  • 無料プランニング お見積りはこちら
  • 見学会・イベント情報
  • 神戸リノベーション倶楽部
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
無料プランニング バナー 見学会イベント情報 バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220来店予約・お問い合わせはこちらこのページの先頭へ