1. ホーム
  2. 家をリフォームする
  3. 断熱リフォームが必要な訳 (家が寒いと、こんなに危ない!)

家が寒いと、こんなに危ない! | 神戸の断熱リフォームは 一級建築士事務所(株)トキタホーム

リフォームの種類

家の暑さ・寒さと、家族の健康

この20年間、家庭内での不慮の事故死が増え続け、高齢者の浴室での溺死事故にいたっては
交通事故死者の約3倍も発生しています。
なぜこうした事故が増えているのか?ひとつの要因として考えられるのが「家の寒さ」です。

高齢者はヒートショックに注意!

家の寒さや温度差は、血圧に影響する。

家庭内で起こる事故死のうち、心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患が原因となるものは、
冬に増加する傾向にあります。

なかでも、高齢者の入浴事故が増える要因のひとつに、住宅内移動時の急激な温度差で起きる
「ヒートショック」が挙げられます。
暖かい居間から寒い脱衣場。そして再び、暖かい浴槽へ移動することで起こる急激な温度変化が、
血圧を乱高下させたり脈拍を変動させたりします。
これは脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こすことにつながります。

また、寒いと体の動きが鈍くなるため、高齢者の転倒事故も多発することに。

冬寒い家に、いいことは何ひとつないのです。

出典元:YKKAP&ソトコト、窓と健康のライフスタイル・ブック「マドコト」より

家が寒いと、こんなに危ない!

  • ■1年間の住宅内での死亡者の推移

    (出典:羽山広文 他「, 住環境が死亡原因に与える影響その1気象条件・ 死亡場所と死亡率の関係」, 第68回日本公衆衛生学会総会, 2009)

  • ■家庭内事故死者の年齢分布と死因

    (出典:厚生労働省 人口動態調査〈2012年度〉)

左のグラフは、循環器疾患での住宅内月別死亡者数で、冬に大きく増加しているのがわかる。
右のグラフは、家庭内事故死者の年齢分布と死因の内訳。
死亡者は高齢者に集中し、入浴事故が死因第1位。

  • 無料プランニング お見積りはこちら
  • 見学会・イベント情報
  • 神戸リノベーション倶楽部
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
無料プランニング バナー 見学会イベント情報 バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220来店予約・お問い合わせはこちらこのページの先頭へ