1. ホーム
  2. 不動産・建築のあれこれ話

「神戸での住まい取得」に失敗しないための 不動産・建築のあれこれ話新着情報へ

リフォームについてのあれこれ話をご紹介しています。

住宅の性能面のお話

掲載日時: 2018/5/19

今回は、仕上げ材に【漆喰】【珪藻土】を使ったリフォームの効能等についてお話します。

 

1.漆喰、珪藻土の良さ

まず、漆喰、珪藻土双方とも優れた調湿性能を持ちます。調湿性能とは、室内の空気を適度な湿度

に保ってくれる働きのことです。その他にも、消臭、断熱性能等があります。

 

2.漆喰、珪藻土の違い

最も大きな違いは原料の違いです。漆喰は消石灰、珪藻土は植物性プランクトンの化石からできて

います。これにより、性質の違いが生じます。

漆喰の主成分である消石灰は、空気中の二酸化炭素に反応して固まりますが、珪藻土にはそのよう

な固まる力はありません。その為、珪藻土を施工するにあたっては、固化材を混ぜる必要が生じま

す。そこで重要になってくるのが、珪藻土自体の含有率です。

また、珪藻土の方が、漆喰よりも高い調湿性能を持っています。

 

3.施工日数

お部屋の状況や広さによって変わりますが、クロスの上から施工が可能な商品であれば、

漆喰、珪藻土共、1部屋のリフォームで1~2日程度の工事期間です。

ビニールクロスの張替え工事の施工日数と変わりません!

 

4.価格

ビニールクロスよりも高価にはなりますが、

張替えの必要性が低いので、長い目で考えると価格以上の価値はありますよ!

 

  • 見学会・イベント情報
  • 神戸探建たい
  • 神戸リノベーション倶楽部
私たちは神戸市内に営業エリアを限定しています
見学会イベント情報 バナー神戸探建たい バナー神戸リノベーション倶楽部 バナー
0788610220来店予約・お問い合わせはこちらこのページの先頭へ